子供の教育費としてお金を借りる【※今日中にキャッシングする方法】

子供の教育費としてお金を借りる【※今日中にキャッシングする方法】

教育費って、お金がかかりますよね。私立学校に通えば年間何百万円の学費が必要になりますし、公立の学校に通ったとしても、塾や予備校に通ったりするとかなりの金額になります。

 

とはいえ、かわいい我が子のためには、できるだけ良い教育環境を与えてあげたいと思うのが親心でしょう。調査によると、主婦が借金をする理由の上位に子どもの教育費の支払いのためというのがあるようです。

 

教育費の借り入れとしては、銀行や日本政策金融公庫などの教育ローンが一般的です。教育のためのお金と用途が限定されている分、金利が低く借りられるのが特徴です。

 

日本政策金融公庫の教育ローンは、教育貸付と言い、中学卒業後の進学費用目的で利用できます。一人につき300万円以内の融資が可能で、15年間という長期間にわたる返済期間なので、余裕を持って返済できます。

 

また、住宅ローンの借入との併用で大きな優遇を受けられたり、他のサービスを利用する事で金利を引げられたりということもあるようです。

 

とはいえ、こうした教育ローンは、積立が必要であったり、所得制限があったりすることも少なくありません。書類を揃えたりなど、面倒なことも多いかもしれません。もっと簡単にお金が借りられたら嬉しいと思う人もいるでしょう。

 

そんな人にオススメなのが、キャッシングを利用する方法です。携帯やパソコンのインターネットから簡単に申し込みができます。比較的審査も簡単ですし、用途が限られませんので教育目的の利用も問題ありません。審査期間も短く、キャッシング会社によっては即日融資が可能なケースも少なくありません。

 

とはいえ、キャッシングの金利は日割り計算です。短期間の借入であればあまり問題ありませんが、長期間の借り入れになるとかなり大変になります。
また、銀行などに比べて限度額が低いケースが多いです。そのため、学校の入学金や学費の支払いにキャッシングを利用することは、あまりオススメできません。その代わり、塾の夏期講習のお金が足りない時であったり、学校行事などで急にお金が必要になった時などに利用するには、お気軽に借入できるキャッシングはオススメです。

 

親であれば、子どもに良い教育をさせてあげたいと思うのは当然のことでしょう。教育費には教育ローンの種類も充実しています。キャッシングと銀行などの教育ローン、両者のメリットとデメリットを考えて、上手に使い分けるようにすることが大切でしょう。

ホーム RSS購読